不動産の査定って当たっているの?

不動産査定では当たっているのか不安になるときありませんか? - 不動産の査定価格になぜ違いがあるのでしょうか?

不動産の査定価格になぜ違いがあるのでしょうか?

不動産の査定価格はすべての不動産会社において、必ずしも同じではありません。不動産を売却しようと考えている方にとっては、査定価格の違いは大きな悩みだと思います。このページでは、なぜ不動産の査定価格に違いがあるのかについて、ご紹介いたします。

そもそも査定価格とは参考価格です。

まず、そもそも不動産の参考価格とは、「この程度で売れるでしょう」という参考価格に他なりません。つまり、提示された査定価格で絶対に売却できるというわけではないのです。また、不動産業者は、提示した査定価格について法的な責任を負いません。
そのため、査定方法や、実際にどの程度の時間をかけて調査をするかも不動産会社によってまちまちなのです。このことにより、不動産会社により査定価格にばらつきが出ます。

不動産会社が持っている顧客データベースも査定価格に大きな影響を及ぼします。

当たり前のことですが、不動産が売却されるということは、その不動産についての買い手がいるということです。そのため、不動産会社に価格査定を依頼した場合、その不動産会社が買い手として持っている顧客データベースが非常に重要な要素となります。マンションの購入を希望する買い手が多く登録されている不動産会社、一軒家に強い不動産会社など様々な特徴の不動産会社があり、これにより、査定価格は更に異なってきます。

不動産会社の担当者の性格

一見おかしな話に思われるかもしれませんが、不動産会社の担当者の性格によっても査定価格は変わってきます。といいますのも、査定価格はあくまで参考価格であるため、強気な担当者であれば、様々な好条件が揃った結果、最も高く売れるであろう価格を査定価格として提示することがあります。また、対照的に、慎重な担当者であれば、不利な条件の中で何とか売れる価格を査定価格として提示するでしょう。このことも、査定価格に影響するわけです。

やはり自分に合った不動産会社を選ぶことが大切です。

以上のように、不動産の査定価格は様々な要素が絡み合って提示されるものです。より適切な査定価格を知りたいと思ったのであれば、地道に自分に合った不動産会社を探すことが重要です。

関連する記事

ページ上に戻る