不動産の査定って当たっているの?

不動産査定では当たっているのか不安になるときありませんか? - 不動産売却の流れ、その1

不動産売却の流れ、その1

このページでは、不動産の売却の流れについて確認していきましょう。不動産の売却はそうそう経験することではないため、事前に流れをしっかりと頭に入れておくことが大切です。途中でもたつき、不動産を売却する絶好のタイミングを逃さないためにも、流れをしっかりと把握しておきましょう。

価格相場を知ろう

まずは、自身の不動産がどの程度の価格で売れるかについて、価格相場を確認しておきましょう。これを行うには、一括査定サイトや大手不動産会社のサイトを利用すると便利です。価格相場を知ることで、悪徳不動産会社に騙されることや、焦って相場よりも安値で売ってしまうことを防ぐことができます。

不動産会社を探そう

何となくの価格相場がわかった後は、広く不動産会社の情報を集めましょう。この不動産会社選びが不動産の売却にとって最も重要といっても過言ではありません。優良な不動産会社は、査定や調査が丁寧なだけでなく、優良な買い手情報を持っていることが多いです。
そういった不動産会社と出会うことができると、不動産の売却が安全かつ楽になります。是非とも広く不動産会社の情報を集め、信頼できる不動産会社を見極めましょう。

不動産会社に査定をお願いしよう

あなたに合った素晴らしい不動産会社を見つけたら、次はその不動産会社に実際の価格査定をお願いしましょう。プロの目で不動産を見てもらうのです。あなたの目では見つけることのできなかった不動産の良いところ、悪いところがここでわかります。
1段階目で行った価格相場から離れた査定価格になることも少なくありませんが、このときにも、優良な不動産会社を選んでおけば信頼することができるものです。また、このときに複数の不動産会社に査定を依頼するのも、より適切な査定を受けるためには大切です。

不動産会社と仲介契約を結びましょう

査定価格について納得したら、次は、不動産会社と仲介契約を結びましょう。仲介契約とは、不動産会社が売り手であるあなたと買い手を仲介してくれる契約のことです。これを結ぶことにより、多くの不動産購入希望者に、あなたが売却しようとしている不動産の情報が行き渡り、結果として、あなたの不動産がより適切な価格で売れることに繋がります。

関連する記事

ページ上に戻る