不動産の査定って当たっているの?

不動産査定では当たっているのか不安になるときありませんか? - 不動産の査定って当たっているの?

不動産の査定って当たっているの?

qwsh
皆様は不動産の価格査定を利用したことはありますか?耳にしたことはあるけど、利用したことはないという方が多いでしょうか。不動産の査定は、不動産売却のときに利用されることが多いです。今回は不動産価格の査定についてご紹介していきます。
そもそも不動産の査定って当たっているの?
まずは、不動産の価格がどのような仕組みで査定されているのかについて、ご紹介しましょう。不動産の価格査定の仕組みを知っておくことで、不自然な査定等を見抜くことができるかもしれません。では、不動産の価格は実際にはどのような形で査定されているのでしょうか。
実際の取引事例を参考に、不動産の状況から算出
不動産の価格は場所により様々です。都道府県が違うと、同じような不動産でも価格が大きく変わります。そのため、不動産の価格査定においては、近隣で行われた実際の取引事例をまず参考にします。
そして、実際に査定する不動産の状態や環境を加味して、査定額を出します。
駅までの距離、築年数、消耗の程度、日当たり、近隣にある施設等から査定します。
不動産の価格には立地が大きく影響します。駅までの距離が近ければ不動産の価格は上がりますし、築年数も価格に大きく影響してきます。その他の様々な要素を加味した上で、不動産の価格は決まります。

土地と建物は別個に査定されることが多いです。

土地とその土地上に立っている建物を一括で売却する場合であっても、原則としては、土地と建物は別個に査定されることが多いようです。その上で、建物の減価償却分を引いて、土地と建物の価格を査定するようです。

数か月以内に売れるであろう価格が査定額になるようです。

不動産の価格査定において、最終的な基準となるのはいくらで売ることができるかというものです。不動産を買い取った業者も、最終的にはその不動産を売却することが目的なので、いくらで売ることができるかという観点は不動産の価格査定において無視することはできません。不動産は一つとして同じものがないため、様々な要素を考慮して価格を決定しますが、最終的には、いくらで売れるかが大きな基準となります。

簡単査定と現地調査査定があります。

不動産の価格は様々な要素により決定されますが、立地は一つの大きな基準です。そして、不動産の価格調査には地図上で当該不動産の価格を査定する簡単査定と、実際に現地調査を行ってなされる現地調査査定があります。この場合、もちろん後者の方がより正しい不動産の価格を査定することができます。
築年数や駅からの距離などは地図上でも把握することができますが、不動産の実際の消耗具合などは現地調査でしか把握できませんからね。では、簡単査定はどのようなときに使われるのでしょうか。それは、不動産売却しようとした初期段階で、匿名で不動産価格を大まかに査定してもらうときなどに便利です。
まだ本格的には売却を考えていないけど…というときには、簡単査定が非常に便利です。簡単査定は査定額を算出するまでにかかる時間も短いのが特徴です。

不動産価格の査定の仕組みがおわかりになりましたか?

このように、不動産価格の査定には様々な要素が絡んできます。それらすべてを総合した結果が不動産の査定額となります。不動産は一つとして同じものがないため、査定額にも絶対的な正解はありませんが、大まかな適正価格というものはあるので、そこからあまりにも外れた査定額には注意してくださいね。

不動産売却について不安な方に

不動産の売却は慎重に!今後値上がりの可能性
使用していない不動産をどうしようか困っているあなた!まずは査定から始めてみませんか?

更新情報

[2016-07-27]
不動産の査定って当たっているの?の情報を更新しました。
[2016-07-27]
大手?地域密着型?自分に合った不動産会社の見つけ方!の情報を更新しました。
[2016-07-27]
少しの手間で数百万円アップ!?不動産を高く売るコツの情報を更新しました。
[2016-07-20]
会社プロフィールの情報を更新しました。
[2016-07-20]
不動産売却の流れ、その2の情報を更新しました。
ページ上に戻る